学校英語講師派遣事業ALT/AET

オリジナルカリキュラム

アチーブゴールの講師は、全員とてもフレンドリーで指導経験も豊富です。2020年からの新たな英語教育に向けて、アチーブゴールでは各年齢の言語発達能力に応じたカリキュラムを組むだけでなく、TOEFL、TOEIC、IELTSといった試験対策やプレゼンテーション、ディスカッション対策等、国際社会で勝ち抜くための英語力を身につけられる実践的な授業を展開してまいります。

小学校・幼稚園向けのオリジナルカリキュラム

小学校・幼稚園向けのオリジナルカリキュラム
2020年より、小学校5・6年生では英語が「正式な教科」となり、年間70時間(週2回に相当)の授業が行われます。また、小学校3・4年生では「外国語活動」が正式に導入されます。
幼稚園、小学校低学年では、英語アレルギーを作らないよう、ダンスや歌などの楽しく体をつかうアクティビティを中心とした授業構成にしております。また、音に敏感で吸収しやすい年齢ですので、発音やイントネーションに力を入れて、しっかりと“英語耳”を育てます。
小学校高学年からは中学校授業の準備期間となりますので、クラスのグループごとにテーマを決めて話し合ったり、「将来の夢」や「自分の町」といったストーリーを組み立てやすいテーマを使ったプレゼンテーションの授業も取り入れます。

中学校向けのオリジナルカリキュラム

中学校向けのオリジナルカリキュラム
中学校の授業では、英語を英語で学ぶ「オールイングリッシュ」の授業形態が計画されています。
中でも重要なのは、生徒が自分自身で英語を発話するなど能動的な学習(アクティブ・ラーニング)への取り組みです。文科省推奨のカリキュラムをベースに、より子供たちの発言力を促すため、その時流行している歌や映画、タレントから時事問題など、生徒たちが興味を持ちやすいテーマをピックアップした授業作りも行います。文法ベースではなく、「ショッピング」「旅行」「レストラン」などのシチュエーションベースでイメージすることにより、さらに実践的なカリキュラムを提供します。実践的な会話をすることで、発音やイントネーションも自然に身につきます。

高校向けのオリジナルカリキュラム

現行の英語授業の方針が引き継がれるとともに、さらに「英語で発表・討論・交渉などを体験する授業」へと高度化していく予定です。
さらには、2020年の大学入試改革によりセンター試験が廃止され、英語はReading/Listeningの2技能から、Reading/Listening/Writing/Speakingの4技能となります。その為、より自分の意見を“英語で”アウトプットする機会が増えてゆきます。
現在のスピーキング指導は発話量を増やすカリキュラムではないことが多く、生徒のスピーキング力を改善するためには、英語での発話量を増やすことが急務の課題です。
アチーブゴールでは、映画や文化など生徒のもつトピックを使ったコミュニケーションワークやグループワークにより、スピーキング力向上を目指します。また、TOEFL、TOEIC、IELTSの指導のプロがそろうアチーブゴールだからこそできる、国際基準の試験対策と文科省推奨カリキュラムを独自にアレンジしたハイブリッドなスペシャルカリキュラムを提供します。

大学向けのオリジナルカリキュラム

近年「英語が話せる」というのは、就職活動において当たり前の条件になっています。
今、必要なのは、「英語を使って何ができるか?」という実践力です。
アチーブゴールの講師たちは、TOEFL、TOEIC、IELTSの指導経験はもとより様々な一流企業のビジネス英語の指導経験があります。その指導経験の中から各生徒のレベルに合わせて実践に沿ったオリジナルのカリキュラムを組み、一方通行でなく、インタビューやグループディスカッション等により、生徒たちが「英語を使いこなす」トレーニングを提供します。また、生徒の希望に合わせて、TOEFL、TOEIC、IELTSの試験対策や企業の英語面接対策などにも柔軟に対応します。
「真の英語力=英語を使いこなす力」をアチーブゴールは育てます。

授業でのICT活用について

授業でのITC活用について
アチーブゴールが運営するカナダのCCEL/CCは、ICTを活用した「SMRTカリキュラム」とデジタルレッスンを活用したレッスンがとても人気の学校です。また、フィリピン・セブ島のSMEAG校ではオンラインレッスンも開講しております。2校の良いところを組み合わせ、タブレットを活用してグループで情報を共有しながらグループワークをしたり、欠席した生徒にはオンラインレッスンによる振替授業を提供できたりと、柔軟な対応ができるのは語学学校を運営しているアチーブゴールだからこその強みです。
お問い合わせはこちら