学校英語講師派遣事業ALT/AET

ALT講師の質

アチーブゴールの講師は、講師経験2年以上もしくはTESOL保持者から厳選した英語教育のスペシャリストです。
確かな実力の英語講師を日本全国に派遣いたします。

講師の採用選考基準

フィリピン・セブ島においてフィリピン国内最大規模の語学学校を運営している強みを生かし、SMEAG人気英語講師を企業・学校様へ派遣するために採用・選考いたします。
フィリピンで活躍している経験豊富な英語講師と面談し、選抜在留資格・ビザ申請。SMEAG校とアチーブゴールは資本提携企業なので申請作業が速く、安心企業・学校様は手間とコストが掛からず信頼でき、優秀な英語講師の採用ができる

一般の英語講師採用基準

  • STEP1 応募条件
    ・学士以上
    ・IELTS7.0以上
    ・講師経験
    採用試験(筆記・発音)と面接
  • STEP2 試用期間
    3ヵ月のトレーニング期間
    7ヵ月の試用期間
    毎週土曜日にIELTSの模擬試験を受講
  • STEP3 正規講師
    ESL(一般英会話)のトレーニング後テスト・カリキュラムの専門教師として経験を積む。
  • STEP4 定期的なトレーニング
    ETS(TOEIC・TOEFL)やBritish council(IELTS)などからの外部講師から最新の情報、試験傾向などを継続して教わります。

一般の採用基準から以下の項目を満たし、厳選した講師を派遣します。

  • 英語4技能(Listening/Reading/Writing/Speaking)の総合的な育成能力がバランス良く、且つ、生徒からの教師評価アンケート上位者
  • 英語を教えるための資格TESOL(英語教授法)もしくは英語教員免許の保持者か、語学講師経験最低2年以上のいずれかに当てはまる者
  • SMEAG校アカデミックディレクターの推薦
  • グローバル人材育成に関し理解があり、異文化に対応できる能力がある者
  • 英語能力のみならず、ビジネスマインドを保有し、日本の商習慣並びに教育現場を理解していること

講師の研修体制

文科省のカリキュラム内容の共有から日本の商習慣を含めた教育を配属前に実施し、配属後すぐに即戦力として活動できるように育成します。また、指導技術の質をより向上していくための研修も毎月実施します。
随時、各校での状況や課題について共有を図れる場を用意することにより、各校の希望や課題にも迅速に対応できる環境をご用意しております。
配属前

配属前

・文科省のカリキュラムの共有
・日本の商習慣教育

配属後

配属後

・指導技術の追加トレーニング
・各校の状況・課題共有

オリジナルのJapanese English克服法

フィリピン人講師は、第二言語の壁となる「発音」と「スピーキングテクニック(How To Speak)」を自分自身が克服したからこそ、論理的に説明ができ、発音等の弱点を克服する対策が可能です。
オリジナルのJapanese English克服法

CLT(Communicative Language Teaching)という英語教授法を用い、スピーキング・リスニングに焦点を当てたレッスンを行います。英語でのコミュニケーション能力を備え、レッスンの中で、正確な文法と綺麗な発音を身につける訓練を行います。

自分の言いたいことを英語で発言できる環境ですので、自発性や表現する力が身につきます。

お問い合わせはこちら