トピックスTOPICS

《Happy Easter!!》

2018年3月28日

いよいよ4月に突入しましたね。
桜も開花し、ようやく春らしく暖かくなって嬉しい限りです。

世界での春のお祝いと言えば「イースター」ですね。
最近では某テーマパークや商業施設などでもイースターにちなんだ
催しをよく目にするようになったと思います。

イースターと聞くと、何だか楽しそうなイメージを想像しますが、
キリスト教徒にとっては、とても意味のある行事だとされています。

イースターは、Good Fridayと呼ばれる金曜日から、
Easter Mondayと呼ばれる翌月曜日までの4日間の行事です。

英語ではGood Fridayという名で呼ばれていますが、
実はこの日は「受難日」、「苦難日」とも呼ばれています。
それは、イエスキリストが謂れのない罪を被り、処刑された日が
4月のある金曜日だったことから、そのような呼び名がついたそうです。

では、なぜそのような日を「Good」と呼ぶのでしょうか?
元々は「God’s Friday」だったという説があるようです。

カナダの語学学校CCELでは4月02日は祝日となっています。
キリスト教を信仰している多くの国にとっては、
キリストに感謝する特別な日ということで、祝日としているのです。

 

  • お電話でのお問い合わせは03-5302-2239
  • メールでのお問い合わせはこちら