トピックスTOPICS

英語を学ぶメリットとは?その1【情報社会での優位性】

2022年10月7日

こんにちは!

いつもご覧いただきありがとうございます!

過ごしやすい気候になってきましたが、皆さんの英語学習ははかどっておりますでしょうか?

そもそも、「英語の勉強にはどのようなメリットがある?」というギモンは、

英語を勉強している方にとって、きっと一度は持った事のある疑問ですよね。

当たり前の事ではありますが、英語を話せれば海外に行った際に困らず生活が出来たり、日本で外国人

とコミュニケーションを取る際に困らない、受験や就職が有利になる、といった点が思い浮かぶかと思います。

ただ、受験や就職を既に乗り越えた社会人の方には「自分は外国人と会う事も海外に行く事も無いから

不要じゃないか?」と疑問に思った事のある方も少なからずいらっしゃるかと思います。

では、英語を身に付けるメリットは本当にそれだけなのでしょうか?

実は、我々日本人が日本で暮らす上で英語を身に付けるメリットは想像以上に多く存在します。

最大のメリットの1つが、ンターネット上の情報収集に有利】という点です。

英語の勉強は、インターネットで情報収集する際に役立つスキルにもつながるメリットもあります。

インターネットの世界で最も利用されている言語が、英語。トラフィックランキング上位1,000万のウェブサイトの日本語の使用割合が 約2.1% しかないのに対し、英語の使用割合が 約60.4% に上ることが、世界経済の動向をグラフにまとめているカナダのビジュアルコンテンツ制作会社Visual Capitalistの統計から明らかになっています。英語を勉強していると、英語でしか触れられない情報にもアクセスできるのです。

そのうえ英語の勉強は、ビジネスの最新トレンドを把握するためにも有効。なぜならビジネスにおける革新的な動きは、AppleやGoogleといった世界規模での影響が強い企業から生まれやすいから。海外から来る情報の日本語訳に頼るよりも、英語で情報に直接アクセスするほうが、より効率的に情報を入手できます。

英語を勉強して、こうした影響力の強い企業が発信する情報をすばやく把握すれば、新たなビジネス戦略を立てたり、世界的に認められる商品やサービスを生み出したりするヒントが生まれるかもしれません。

さらに英語を勉強して情報収集スキルを身につけられると、日本からの視点では書かれていない記事からもためになる情報を入手することができます。日本からの情報のみならず、日本以外の目線での描写の仕方を把握できるため、業界の世界的なトレンドについていきやすくなることが可能です。

情報収集力が問われるグローバル社会で生き残るためには、英語を勉強することで、日本語では触れられない情報にすばやくアクセスし、かつ多種多様な情報を迅速に集めるスキルを身につけるメリットを把握しましょう。

これを理解しているかどうかで、皆さんの英語学習におけるモチベーションが大きく違ってくることでしょう。また、今まで英語学習はそこまで積極的でなかった、という方も、この記事を読んでいただいた事が良いきっかけになれば幸いです。

英語学習に困ったら、是非アチーブゴールのカウンセラーにご相談ください!

国内でフィリピン留学が出来る「アチーブイングリッシュキャンプ」、セブ島最大の語学学校SMEAGへの語学留学など、多様なプログラムの中からあなたに最適な学習方法をご提案いたします!

【アチーブイングリッシュキャンプ:秋冬連休特別プラン】お見逃しなく!!⇓⇓⇓

  • お電話でのお問い合わせは03-5302-2239
  • メールでのお問い合わせはこちら